✲✲✲ 自宅で印刷!プリンターはこちら ✲✲✲

【2021東京オリンピック】マクロン大統領が来日するのはいつ?開会式・閉会式に出席するか調査

スポンサーリンク




2021年7月23日に東京オリンピックが開催されます。

海外要人の中に次のパリオリンピック・パラリンピックの開催国のフランスのマクロン大統領が来日することで現在調整中。

次の開催国ともあっていち早く東京オリンピックの開催式の参加を表明されたので、来日するのは確実とも言えます。

いつ頃、来日するのか調べてみました。

また、2021年8月8日の閉会式にも参加するのだろうか?

気になったので調べてみました。

目次 ✲読みたい項目クリックできます

【2021東京オリンピック】マクロン大統領が来日するのはいつ?スケジュールを調査!

開会式の前日の7月22日から3日間かけて菅首相は東京元・赤坂迎賓館で来日する各国の要人と会談する予定になっています。

パリから日本までのフライト時間は直行便で約12時間。

マクロン大統領が搭乗手続きを済ませて(自分では行わないと思いますが)飛行機に搭乗して離陸するまでの時間を約1時間と考えてみます。

7月22日の会談の時間帯を午前中と考えた場合、7月21日には来日すると予想できます。

7月21日の早朝にパリを出発すれば夜には日本に到着出来るので7月22日の会談に参加できそうですね。

マクロン大統領は開会式には出席する?

マクロン大統領開催式は出席する?

東京オリンピックの次のはパリオリンピックです。

開催式や閉会式に時期開催国の首脳が参加することが慣例になってきているようなので、パリオリンピックに伴いフランス大統領のマクロン氏が出席することは濃厚だろうと予想されます。

過去のオリンピック開会式・閉会式でも時期開催国の首脳が参加しています。

閉会式に出席するかも調べてみた!

マクロン大統領は閉会式は出席する?

2016年のリオ五輪の閉会式では次の五輪開催国になった日本の安倍晋三首相が参加しました。

閉会式で「スーパーマリオブラザーズ」の格好をして参加したことはとても有名で覚えている方も多いと思います。

こう考えると、次の開催国はフランスでパリオリンピックが決定しているのでマクロン大統領が参加するのではないかと予想できます。

どんな姿のマクロン大統領で参加されるか楽しみですね。

まとめ

  • マクロン大統領の来日はオリンピック開会式前日に会談があるため7月21日と予想
  • 7月23日から始まる東京オリンピックの開会式にはマクロン大統領は参加すると予想
  • 閉会式にはマクロン大統領は参加することが濃厚と予想

2016年のリオオリンピックの閉会式で時期開催国の日本の首相がアピールするため印象に残る格好で参加したこと経緯から今回の閉会式にはマクロン大統領の参加を期待したいと思います。

❀東京オリンピック関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする
目次 ✲読みたい項目クリックできます
閉じる